healthcabin 10% OFF Code”HCMAT10


HEAVEN GIFTS 15% OFF Code”AMATCH15


BuyBest


Hellvape Drop Dead RDA【VAPE・アトマイザー】

ニコイチ的な。

箱。


こんな感じで、


はい。


こちらはhealthcabinの提供でございます。

24mm径、37.5mmくらい。
Dead RabbitHeathenDROP RDAThe Vapor ChroniclesのコラボRDA。

箱に入っていた付属品。

BFピンとか510アダプターとかとか。

マニュアルとステッカー。


パーツ構成。


レジンドリップチップ。

外径17.5mm、内径8.5~12mm。
ハーフインチ。

半透明のドリップチップ。

アクリルかな?
外径17.5mm、内径9~12.5mm。
これもハーフインチ。

トップキャップ。

エアフローコントロール用スロットが2方に。
斜め下に向かって入るようになっているんですが傾斜がDead Rabbitよりは緩やかです。

内側。


スリーブ。

エアホールは片側14個ずつ。

内側。

デッキの突起と合わせるためのスロットがエアホールと同じ幅であります。
エアを絞る時なんかはこの幅の範囲内で回せるってことですね。
Dead RabbitはフリーでDROPは完全に固定でした。

デッキ。

ほぼDROPに見えます。
ワイヤーホールは3mm。
ウェルは4.5mmくらい。
コンタクトピンは十分出ています。
デッキにセットされているイモネジはマイナスですが予備はプラスです。
好みで換えましょう。

比較用にDead Rabbitのデッキ。


こちらはDROPのデッキ。

こうやって見てみると違いがわかりますね。

BFピン。

六角で回すタイプです。

はいさくっとビルド。

0.5Ωで。

スリーブのエアホールの上辺からちょっと下くらいの高さで真ん中に寄せてみました。
最初Dead Rabbitはエアホール寄りで組んでいたけどだんだんと真ん中に寄せるようになったしDROPも寄せて組んでいるからこれもこれくらいでいいんじゃないかと思います。
たぶん。
エアホールは好みで絞る感じで。

Dead Rabbitの欠点をDROPで補ったような感じですかね。
元々デッキのコンセプトは2つとも同じかかなり近いものだったと思っていて、実際使い勝手はそんなに変わりませんでした。
ポスト間の広いDROPのほうがウィッキングが楽かなといったくらい。
エアの入り方はほぼDead Rabbit。
個人的にはDROPのほうが優秀だと思ってます。
デザインはどう見てもDead Rabbit。
エアホールがシングルにならないのはどうでもいいや。
そういった諸々を考えると
「Dead Rabbitの後継もしくはマイナーチェンジ」
という結論でいいでしょう。
いいのかな?
いいにしておこう。

すでにDead Rabbitを持っている人がこれを買う必要があるかはその人しだい。
ってことで。

商品ページはこちら。
healthcabin Hellvape Drop Dead RDA Atomizer Silver
healthcabin Hellvape Drop Dead RDA Atomizer Gunmetal,Rainbow
healthcabin Hellvape Drop Dead RDA Atomizer
クーポンコード”HCMAT10”で10%OFFになります。

あと10月10日までクーポンコード”CN20”で20%OFFになるセールをやっているそうです。
healthcabin National Day Sale
急げ。

それでは皆様ごきげんよう。


アデュ~。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

Previous
Next Post »