healthcabin 10% OFF Code”HCMAT10


HEAVEN GIFTS 15% OFF Code”AMATCH15


BuyBest


GeekVape NOVA Kit【VAPE・MOD】

駅前留学。

箱。


一段目~。


二段目~。


はい。


こちらはBuyBestの提供でございます。

KitなのでまずMODから。

NOVA MOD
Size:25*52*88mm
Working Voltage: 6.4-8.5V
Working Current: 1-40A
Output Voltage Range: 0-7.5V
Output Current Range: 0-40A
Resistance range: 0.05-3.0(VW)/0.05-1.5(TC)
Output Power: 5-200W
Temperature Range:200-600F/100-315C
Battery type: Dual 18650s [not include]

外観。


USBケーブルとマニュアル。


バッテリーは横のパネルをパカっと。


基本操作。
パフボタン5回クリックでON・OFF。
3回クリックでメニュー。
+もしくは-とパフボタン同時押しでディスプレイの輝度の設定。
+-同時押しでパワーロック。

パワーON。

OFFのときにも出てきます。

まずPOWERモード。

5W~99.9Wは0.1W刻み。
100W~200Wは1W刻み。
一応カラーです。

パフボタン3回クリックでモード表示が反転します。

この状態で+を押していくと
TC-Ni、TC-SS、TC-Ti、TC-TCR、VPC、BYPASS
とモードが切り替わっていきます。

モード表示が反転している状態でパフボタンを押すと項目の移動。

POWERモードはパフカウントのリセットだけなんですけども。

TCモード。

華氏・摂氏共に5度刻み。
切り替えは最高もしくは最低温度にしてからもう一度プラスかマイナス。

VPCモード。

1秒毎の出力を1W刻みで設定できます。

アトマイザーを載せたときに聞かれるやつ。

今のところどのモードでも出てきます。

次にCerberus Tank。

24mm径、高さ全部込み48mm、タンク容量5.5ml。
(スペアタンクに交換で4ml。)
コイルヘッドはカンタルメッシュコイル0.2Ω。

パーツ構成。


付属品。

スペアタンク、替えコイル、Oリング類。

ドリップチップ。

外径18mm、内径8~12mm。
ハーフインチ。

トップキャップ。


チムニー。


ベース。

エアホールは1.5x12mmが2方で無段階調整。

コイルヘッド。

30-90W
Best 60-80W
と表記があります。

覗いてみるとコイルがメッシュ状なのがわかります。

まぁ網だよね。

NOVA MODはシンプルで使いやすいですね。
メニューがごちゃごちゃしていないので初めてでもすぐに使うことができると思います。
AEGISと比べてみたところチップの機能はほぼ同じで他のGeekVapeのMODも同じように見えるのでしばらくこれでいくのでしょう。
ファームウェアのアップデートはどうなんだろうとマニュアルや公式サイトを見てみたんですが特に何も書いてなかったのでそのへんは非対応っぽいです。
まぁ今のところこれで十分だと思うので問題ないでしょう。

あと気になるのはレジンの柄の出方なんですが、

カラーが選べるのでよほど運が悪くなければ大きく外すことはないんじゃないかと。
ちなみにカラーが変わると箱の色も変わるようです。

Cerberus Tankは・・・どうだろうな。
味は出るけどもう自分でビルドしてるよって人はこれを選択する理由は見当たらず。
始めたばかりだと60-80Wっていうのがね。
一応30Wから使えるからあったらあったで使うのかな。
ただ30W台の場合はやっぱり立ち上がりが緩やかになるのでVPCモードで使うのがいいと思います。

商品ページはこちら。
BayBest 200W 200W GeekVape NOVA Kit with Cerberus Tank

11月29日までブラックフライデーセール中。
BayBest BLACK FRIDAY SALE

それでは皆様ごきげんよう。


アデュ~。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

Previous
Next Post »