healthcabin 10% OFF Code”HCMAT10


HEAVEN GIFTS 15% OFF Code”AMATCH15


BuyBest


Hellvape Dead Rabbit RTA【VAPE・アトマイザー】

繁殖していくうさぎ。

箱。


こんな感じで、


はい。


こちらはhealthcabinの提供でございます。

24mm径、高さ全部込み48mm、タンク容量2ml/4.5ml。
Design by Vapin' Heathen and Hellvape.

パーツ構成。


付属品。

ドライバーとか510アダプターとかとか。
こちらに入っているイモネジは六角になっています。

ドリップチップその1。

レジンですね。
外径17mm、内径8~11mm。

ドリップチップその2。

色違いでサイズは同じ。

トップキャップ。

特筆すべき点はないので流します。

チャンバーにうさぎのマーク。

トップエアフローなのでここの上部にエアホールがきます。
サイズは2x11mm。
AFCリングを外してありますが調整は無段階。
リキッドホールは見ての通り。
下にデッキと合わせるためのスロットがあります。

上からとチャンバー内部。

上部にも少しリキッドを溜める余裕があります。
内部のエアホールは1.5x8mmくらいでしょうか。
チャンバーの内径は18mm。

AFCリング。

内側に回り止めのスロットがあります。

デッキ。

Dead Rabbit RDAに似ていますがRDAより簡単な構造になっています。
ワイヤーホールは2.5mm。
ウィックホールは3x9mm。
ウィックホールの下にチャンバーと合わせるための突起があります。
コンタクトピンは調整不可ですがそこそこ出ています。

4.5mlタンクにしたところ。

最近このタイプも見慣れてきました。

さくっとビルド。

いつものように0.5Ω。

普通に組むとどう考えてもエアが当たらないので真ん中に寄せてできるだけ高めに。
ただこの位置で組むとコットンがチャンバー内部を塞いでドローが重めに。
軽くしたい場合は下げたほうがいいでしょう。
あとコットンが長くなるのでしくじると供給不足になっていがりやすくなる可能性も。

というわけで下げました。

これでドローはいいかなって感じなんですがコットンの長さはそう変わらないので気を付けなければいけないのはそのまま。
まぁそのへんは勘と経験でどうにかしましょう。

味の出方はどうだろうなぁ。
出ないことはないんですがやっぱりコイルにエアが当たってない味だなぁと。
クラプトンで強めに焚いて無理矢理出すのが無難なところでしょうか。
でもその場合供給が追い付くのかという不安があるのでなるべくいいコットンを使うのがいいかもしれません。

商品ページはこちら。
healthcabin Hellvape Dead Rabbit RTA

あと11月30日までBlack Friday Saleということで何か色々お得な割引とかあるようです。
healthcabin Black Friday Deals 2018
ちょっと内容が多いのでまたまとめて記事にしようと思います。

それでは皆様ごきげんよう。


アデュ~。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

Previous
Next Post »