healthcabin 10% OFF Code”HCMAT10


HEAVEN GIFTS 15% OFF Code”AMATCH15


BuyBest


Wotofo Faris RDTA【VAPE・アトマイザー】

RDTAからRDAになったりならなかったり。

箱。


こんな感じで


はい。


こちらはhealthcabinの提供でございます。

24mm径、高さRDTA時44mm、RDA時36mm。
タンク容量3ml。
Designed by Wotofo and Vape GeekQ8

パーツ構成。


付属品。

Recurveあたりから袋の中身が見えるようになったのはいいんですがコンタクトピンなんかは正直チャック袋にしてもらいたい。

でもコイルの抵抗値がわかるようにしたのは評価。


レジンドリップチップ。

外径16.5mm、内径8.5~10mm。
ハーフインチ。

たぶんデルリンのドリップチップ。

外径18mm、内径8.5~12mm。
これもハーフインチ。

トップキャップ。

エア調整用のスロットが2方に。
内側がまるっと。

スリーブ。

撮りませんでしたが内側にデッキと合わせるための突起があります。
なのでエアの調整はトップキャップだけをぐりぐりと。

デッキ。

ポストレスタイプ。
ワイヤーホールは2mm。
サイドのエアホールは2mmが3つずつ、エアが斜め下に向かって入るようになっています。
とりあえず写真は最初にセットしてあったBFピンのまま。

白いシリコンのところがリフィルホールなんですが分かりづらいので公式の画像を拝借。

わかるよね?

BF時にリキッドが出てくる穴は矢印の部分。

2方に開いています。
ちょっとOリングが曲がっているのはガラスタンクをはめずにRDTAベースを締めこんだせいなので気にしないでください。

RDTAベース。

こちらも標準でBFピンがセットしてあります。
このピンははまっているだけなので抜くときは内側から押して抜きます。

RDAベース。


これをデッキに付けるとこうなります。


そしてこう。


RDTAで非BFにする場合はベースのピンを換えて、


さらにデッキのピンも換えてこう。

必ず両方のピンを換えるようにしてください。

シングルビルド時にウィッキングホールを狭くするためのシリコンパーツ。

主にRDTAとして使う場合のものですね。
RDAのときはなくてもいいと思います。

じゃあビルド。

いつものごとくデュアル0.5Ω。

少し高めですがどうせエアは上に向かってくるので問題ありません。
逆にコイルの高さをエアホールに合わせようと下げてしまうとエアが当たらなくなります。

コイルの足の長さはこのジグにコイルを通して切ればOK。

ただしこのジグの径が3mmなのでもっと大きく巻きたいとか逆に小さく巻きたいなんてときはなんとなくフィーリングで合わせてください。
このジグにそのまま通せなくても目安にはなると思います。

普通にRDTAとして使うか、BF+RDAで使うか、等々状況によって使い勝手が変わるとは思いますがどの使い方でもポイントはしっかり押さえてあるアトマイザーじゃないかと。
個人的に不満な点はエアホールの調整方法。
Recurveのときもそうだったんですけど、横じゃなくて縦に閉めていきたいんだよなぁ。
要するにエアの入口だけ絞って出口はそのままにしたいんです。
まぁ自分の場合絞ることはほとんどないので別にいいと言えばいい部分ではあるんですが。
あとはピンとかベースとかはチャック袋でいいよってくらいでしょうか。
100均で売ってないか探してみよう。

商品ページはこちら。
healthcabin Wotofo Faris RDTA Atomizer 3ml
クーポンコード”HCMAT10”で10%OFFになります。

あとリキッドセールをやっている模様。
healthcabin USA Made Premium eJuice Offer

それでは皆様ごきげんよう。


アデュ~。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

Previous
Next Post »