healthcabin 10% OFF Code”HCMAT10


HEAVEN GIFTS 15% OFF Code”AMATCH15


BuyBest


VapeSourcing 6% OFF Code”VSCOUPON


Vandy Vape Bonza Kit【VAPE・MOD】

「素晴らしい」って意味らしいですよ。

箱。


こんな感じで


はい。


こちらはVapeSourcingの提供でございます。

Bonza mechanical mod
27mm径、高さ85.5mm。
21700/20700/16850対応。(18650はアダプターを使用。)
510 Hybrid connection.
Magnetic switch with spring option included.

Bonza V1.5 RDA
24mm径、高さ全部込み38mm。

The Vaping Boganとのコラボなのかな?
箱に書いてあるからそうだと思う。

とりあえず順に説明していきましょう。

マニュアルとか。


MOD用付属品。

18650アダプター、スイッチ用予備マグネット、スプリング。

外観その1。


外観その2。


分解。

なんでここで分割できるようになっているんだろうと思っていたんですがどうやら別売りのエクステンションチューブを使ってスタックにできるようです。
あとドクロの部分が別パーツになっているのはアトマイザーのドクロと向きを揃えれるようにでしょう。
カラーによってはドクロマークのないレジンチューブが付属していたり、さらにそのレジンチューブだけ別売りであるらしくて、そうなると向きも何も関係ないんですが、とにかくドクロの向きを揃えたい人にとっては地味に重要ということで。

内部はインシュレーターでしっかりと絶縁してあります。

それでもシュリンクの破れなど気をつけましょう。

スイッチはピンを回すと分解することができます。

スプリングに交換したい場合はマグネットを外しましょう。

バッテリーはスイッチを外して。

もちろん先にアトマイザーで。
真ん中で分割できるのでスイッチを少し緩めておいて真ん中からバッテリーを入れてスイッチを調整でもいいと思います。
手間としてはどっちもそう変わらない感じです。

で、

バッテリーが長いとスイッチがこうなります。

しっかり収まる21700を探さなくてはいけない。

ちゃんと収まるバッテリーだとだいたいツラですね。

ただこれはKitのBonza RDAの場合なので他のアトマイザーではまた変わってくるでしょう。

次はBonza V1.5 RDA。

付属品。

BFピンとか510アダプターとか。

パーツ構成。


レジンドリップチップ。

外径18mm、内径9.5~11mm。
ハーフインチ。

キャップ。

エア調整用のスロットが3段になっています。

内側。

まるっと。

スリーブ。

ドクロは片方だけ。
エアホールは1mmが15個。

デッキ。

最近このタイプも見慣れてきました。
外側のワイヤーホールも内側のクランプも約3mmといったところです。
ウェルは9mmとかなり深め。
コンタクトピンはしっかりと。

BFピン。

このKitの組み合わせだと使うことはないんですが他のMODでも使えるよということで。

さくっとビルド。

まぁいつもの0.5Ωだ。

これだと上の1段は閉めちゃっていいですね。
構造的に味が出る何かがあるというわけではないので線材を変えて巻き数を増やすとかクラプトンにするとかこちらで工夫をする必要があるかなと。
と言ってもこのメカKitで使う場合はバッテリーの性能や抵抗値と相談しながらになるでしょう。
Bonza RDAだけで使うならハイワットのMODにすればいいだけなのでガンガンいけばいいと思います。

MODのほうはロックがないのがちょっとアレなんですがそこは気をつけるしかないでしょう。
正直ロックのあるチューブMODのほうが少ないような気がするし。
いいんだこれで。
21700まで使えるのは今後も増えてくるでしょうね。
主流になるかは別として。
データも出揃っていて選択肢も多い18650で使うほうがいいのかなと思わなくもないんですが、攻めたセッティングじゃなければ素直に21700か20700でいいと思います。
問題は21700の長さだな。
ショップは「実寸値」の記載をお願いします。

商品ページはこちら。
VapeSourcing Vandy Vape Bonza Kit with Bonza V1.5 RDA 24MM
クーポンコード”VSCOUPON”で6% OFFになるそうです。

それでは皆様ごきげんよう。


アデュ~。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

Previous
Next Post »