healthcabin 10% OFF Code”HCMAT10


HEAVEN GIFTS 15% OFF Code”AMATCH15


AVE40 10% OFF Code”YULI10

VapeSourcing 10% OFF Code”UVS10OFF


unofficialsmoke Liquid 販売中。


SMOK MORPH 219 Kit【VAPE・MOD】

2年ぶりのSMOK。

箱。


1段目。


2段m・・・見えてないな。


はい!


こちらはVapeSourcingの提供でございます。

スペック!


保護機能とか!

もう書き起こすより見てもらったほうが早いだろうと。

付属品。

コイルとかバブルグラス保護ラバーとか。
主にアトマイザー用。

MOD外観。

前面がタッチスクリーンでその下にUSBポート。
後ろ側がつるっとしたレジンです。
基本デザインはAlienの後継のような感じですね。

ボタン配置。

紺の矢印がパフボタンで水色の矢印が公式によると「セカンダリキー」となっています。
第二ボタンみたいな感じですね。

バッテリーは底から。


とりあえずパフボタンを5回クリックしてON。

すもっく!


もーふ!


最初に説明できる操作としてはパフボタン5回クリックでON・OFF。
パフボタン3回クリックでパフロック。
セカンダリキーを押すとスクリーンのON・OFF。
セカンダリキー長押しでスクリーンのロック・アンロック。
くらいかな。
パフボタンを押してもスクリーンのロックがかかるようになっています。

で、VWモードですね。

この状態ではスクリーンにロックがかかっているので操作はできません。

なのでセカンダリキーを長押し。

するとロックが解除されます。

ワッテージは1W刻み。
パフ中はワッテージ表示の周りがくるくる回ります。

ここから左上のマークをタッチすると設定モードに入れます。

はい。


まずWATT。

だいたいわかるよね。

ここでモードの横の矢印をタッチしていくとTi/Ni/SSと切り替わっていきます。

じゃあSS。

ワッテージはここでしか設定できないので気をつけましょう。

そしてこんな画面になります。

温度は華氏10度刻み、摂氏5度刻み。
切り替えは最小もしくは最大温度から。
止まらずにループするので注意。

My Modeは設定を4つ記憶させておくことができるんですが、

こんな感じでね。

WATTモードしか選択できないしここに戻らないとワッテージを変更できないので個人的には出番はないかなと。
フレーバーとニコチン濃度を表示できるけど・・・んー。

Puffはロックされるパフ回数の設定をパフカウントのリセット。

何回まで設定できるんだろうとずっと押してみたんですが5000を超えたあたりで確認するのをやめました。
そこまでできるなら0のままでいい。

Setting内メニュー。

General内はAbout/Factory Reset/Accessibility/Power Off。
AboutはMOD名とかファームウェアのバージョンの確認。
Factory Resetは全ての設定を初期状態に。
AccessibilityはONにするとスクリーンオフと一緒にパフロックがかかるから使わない。
Power Offはパフボタン5回クリックでもOFFにできるからたぶん使わない。

Chipは搭載されているIQ-S Chipの簡単な仕様的なものが見れるんですが見ても見なくてもどっちでもいいです。

Themeは壁紙と表示色の設定。
壁紙は4種、表示色は6色から設定できます。

Passcodeは4桁の数字でパスコードを設定できるわけなんですが、色々いじってみたところパワーONの際に入力するだけなのでそんなに重要ではなさそうです。
ONになっていればFactory Resetでリセットできてしまうのでぶっちゃけなくてもいい。

次にTF Tankを。

パーツ構成。

スペックでは30mmになっていますがベースは25mm径です。

ドリップチップ。

たぶんレジン製。
外径14mm、内径5.5~8mm。
510です。

トップキャプ、

とそのまま繋がっている何か。
重くて持たせられませんでした。

リキッドはボタンを押してこうくるんと。


コイルヘッド。

TF Tank BF-Mesh Coil。
0.25Ω、30-80W(Best 60-70W)

ベース。

エアホールは2.5x14mmが2方で無段階。
コンタクトピンはよくあるクリアロ的な感じ。

コイルヘッドはベースではなくこっちにはめ込みます。

タンクもこっちのOリングで保持される感じですね。
なのでリキッドが入ったままベースを外すことはできますが・・・コイルヘッドを外すと普通にリキッドが漏れます。
「ふいにベースが緩んじゃっても安心」くらいの感覚でいましょう。

Bestが60-70Wということなんですが40-50Wでも十分味が出るのでそこまで上げなくてもいいかなと。
一応80Wまで上げて試してみましたが緩めのリキッドじゃないと焦げそうです。
でもそこまで上げて美味しいリキッドはだいたいVG比が高いんだ。
悩ましい。
まぁ大人しく70Wまでで使っておくのがいいでしょうね。

まずMOD。
色んな意味でSMOKらしいなと。
タッチスクリーンになって操作はスマートになった感じがあります。
でもいらん機能も載せてしまった印象。
いつものSMOKだ。
そのうちSIMを挿して通話も出来るようになるぞきっと。
そいった部分を一切無視してしまえばデザインもなかなかだし悪くないと思います。

TF Tank。
ドリチはハーフインチじゃダメだったのかな。
でも気になるのはそれくらいですね。
味もしっかり出るし悪くないタンクです。

商品ページはこちら。
VapeSourcing SMOK MORPH 219 Kit 219W with TF2019 Tank
8月31日までクーポンコードMORPH01$42.99になります。
その他の商品はクーポンコードUVS10OFF10%OFF

それでは皆様ごきげんよう。


アデュ~。

↓ブログランキング参加中。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

Previous
Next Post »
BuyBest